読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語の歌をスラスラ歌うコツ

 

【まず初めに】
ひたすら聞くしかありません。それで覚えられるなら苦労しないよと言うか声が上がるかも知れませんが、もう異国の言語ですのでそうするしか方法はないのです。

考えてもみてください。日本語の曲でも諳んじるまで歌い込むには何度も何度も聞いてリズムに合わせて口に出すというプロセスを経て習得するはずです。

【英語の歌詞がなかなか覚えられない理由】
では何故英語の歌詞は覚えるまでに苦労するのか。それは数多く聞かないとはっきりと聞き取れない語があるからです。

【作業①】
先ず繰り返し曲を聞きリズムを身体に叩き込みます。歌詞はふにゃふにゃと口にできるぐらいで大丈夫です。絵を描く工程で例えるとそれは下書きです。一曲丸ごと繰り返しても1番だけを繰り返し聞いても構いません。イントロだけでも構いません。大事なのはこれからマスターする箇所を繰り返し聞くと言う事です。
【作業②】
次に音節が重なり聞き取れない箇所を重点的に聞きます。これは絵を描く作業に例えると色塗りです。

でもここに至るまでに、聞き取れる箇所は全て歌詞を見ても構いませんのでリズムに合わせて歌えるようにして下さい。

何が重要かというと「聞き取れない音が聞き取れてリズムに合わせて歌えるようになれば気持ちいいのにな」と言う感覚を抱く事です。


つまりプラスではなく、マイナスの理論を持ち習得に向けて練習して下さい。

理論なんて堅苦しく考えなくても結構です。

 

英語の歌詞を完璧に歌えるようになったら楽しいですよね。でもその楽しさを味わうにはどうしても聞き取れない音を耳に馴染ませ、口に馴染ませる必要があります。

その作業がちょっとばかり労力と集中力がいるだけです。

 

初めから全部の音を聞き取り発音しようとすると挫折します。だから聞き取れない箇所をしっかりと把握する事で練習内容を極力減らすのです。

 

野球やサッカーは自分がいかに練習したとしても相手がいるスポーツですから相手が自分達よりもハードな練習により高度な技術を有していたら到底叶うはずありません。それに勝負事ですので運も左右します。

ですが歌は練習すればするだけ力になります。必ず歌えるようになるのです。

 

色んなHOW TO本にある通り楽しんで打ち込めるかとか、ストレスが掛からないで取り組めると言う事が英語の歌詞を覚える上で重要です。
またモチベーションも大切です。ライブでもカラオケでも人前で恥じる事なく堂々と歌いきった時の自分を想像して下さい。きっとその時の自分はかっこいいはずです。

 

【作業③】

聞き取れない音を聞き取れ、リズムに合わせて発音できるようになったら全てを通して曲をスラスラと歌えるように練習して下さい。ここまでくれば作業③の工程は意識しなくても通しで歌えたら気持ちが良いので自分から自然と行うはずです。絵を描く作業に例えたら額縁を選ぶと言ったところですかね。せっかく描いた絵なのですからきちんとした額縁に収めたいものです。

 

【挫折しそうになったら】
私は自分が英語の歌詞を覚える工程の中でどのように思考しているのかを皆さまに明確にするために何度も繰り返すとか、練習するとか、理論とか、覚えるという堅苦しい言葉を使用してきました。

 

ですがそもそも私が英語の歌詞を覚える時には覚えるという事を意識しません。

 

では何を意識しているかというと、歌手になり切ろうと意識しております。すると覚えるとか練習するとかそういった面倒くさい概念から解放されます。

 

覚えるとか練習するとか何度も繰り返すとかそれらの言葉を聞いてるだけでもう勉強をしているようで嫌な気持ちになりますよね。

 

ですからライブでもカラオケでも歌手なりきってシンクロできるようになりたいと意識すると上達も早いのではないでしょうか。