読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【小説】妻と画家 01

ショーウィンドウのガラスのせいもあるのだろうかやたらきらびやかな店が何軒も軒を連ねる通りで男は女に近づいていった。

「すいません。モデルになっていただけないでしょうか。」

細めの紺のデニムに白のTシャツ、オリーブ色のミリタリージャケットをサラリと羽織った若者が声を掛けた。

マキはドキリとした。声を掛けられる事など想定していなかったからだ。


「今日お母さんね、表参道を歩いてたら声かけられちゃったの。」

そう言いながらマキの目はここではないどこか遠くを見つめている。

マキは40台後半だが肌艶は未だ衰えず実年齢よりもだいぶ若く見える。二の腕のフェロモンも未だ健在でたぷりたぷりと弛んでいた。

「え?モデル?いやらしいヤツじゃなくて?」

あゆみはふつふつと沸き起こるユーモアをマキに悟られないように太ももに挟んだカップから棒状のお菓子を口に運ぶという機械的な作業を続けた。

 

「わかんない、絵のモデルだって聞いたからね、ビデオとかそういう関係じゃないと思うけど。」

マキも嬉しい反面、弱冠の不安がないわけではなかった。似たような手口で被害にあいそうになったという話を以前人伝いに聞いた事があったからだ。

「今ちょっと忙しいのでって言ったら、忙しいならまた今度改めてご連絡下さいって名刺渡されたの。」

 

忙しい訳はない。ほんとはやる事が無くて仕方ない程だ。だが忙しいなどとそんなマニュアル通りの言葉が瞬時に出てきたのも退屈しのぎのドラマの見過ぎであろう。ドラマとは違い日常は残酷なまでに単調で時間をいかにやり過ごすかに必死だった。

 

 

夫はもとよりあゆみとの会話もあゆみに彼氏ができてからはめっきりと減った。たまに一緒に買い物に行こうと言われてワクワクしながらついて行くと財布を買って欲しいとねだられる始末だ。


「お金もらえるの?」
魂胆があるのか無いのかあゆみは純真を装って問いかけた。


「詳しくは聞かなかったけどもらえるみたい。」

 

「で、お母さんはどうするの。」

 

どうするの。娘にそう聞かれて一瞬の迷いがあった事にびっくりした。ハッとしてすかさず連絡する訳無いとあゆみに言った。


マキの身体の中の熱は布団に入ってからも冷めずなかなか眠りにつけなかった。今年大学を卒業したあゆみよりも2つか3つ上だろうか?あんなに若い男の子と会話をするのは滅多にないことだ。自分でも大分オロオロとしていたように思う。