読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【随筆】工場

長年使い続けられても今だに堅牢で威厳を放つ機械。

 

その機械と機械が擦れ合い断末魔の様な叫び声がオイルの匂いで充満した空間に反響する。

 

工場というところは一から物を作り上げる人間の創造性と人間すらも生産までの一つの部品として位置付ける無機質さを兼ね備えている。

 

全てがなんらかの任務遂行までのシステムの元に動いているかの様な錯覚に陥る。

 

家に帰り妻が作った晩飯を食べる。少し熱めの風呂に入りまた明日までの英気を養う。つかの間の安らぎ。